サイトへ戻る

第18回 活動レポート

今年最初の開催

皆様、あけましておめでとうございます!

今年も楽しいことを色々考えていきたいので、Dojo白河をよろしくお願いいたします!

さて、2020年最初のDojoを開催しましたので、レポートを書いていきたいと思います。

こちらはもう何度も参加している常連Ninja。

 

Hour of codeのマインクラフトでウォーミングアップをした後は、Java版で本格的にまちづくりを開始。

 

恥ずかしながら実は私はマインクラフトをやったことがないため、興味深かったですね。

 

PCが重いのが悩みだということでした。重いという話はよく聞きますからね^^;

こちらは、参加がはじめてのNinja。

こちらもHour of codeを早々にクリアして、家でもまたやってみたいとのことで、やる気も十分です。

終わってからはmicro:bitに興味を持っていました。

ものづくりが好きなようなので、簡単にデモをしたところ興味津々!

次回はmicro:bitに挑戦しましょう!

こちらも初参加。まだ未就学児のNinjaですが、プログラミングに興味を持っているとのことで、是非にということで参加していただきました!

 

私も同じぐらいの子供がいるので、お絵かきを楽しそうにやっている姿が我が子と重なりました!

 

このぐらいの年齢だとマウスの使い方に慣れるまで、ちょっと時間がかかるんですよね・・・

 

しかしながら、早いうちからなんでも興味を持つのはとても良いことですね!

今回は3家族3名のNinja + 小学校の先生がScratchのお勉強のために参加してくださいました。

先生はプログラミング教育に興味がある方で、Viscuitを授業で教えているとのことです。

今回はScratchのお勉強で参加されておりました。Scratchも高度になってくると、逆にデバッグがテキストコードよりも難しくなってきます。

変数名や関数名を適切に決めるなど、プログラミングのお作法的なところって、Scratch用のテキストだとどうしても学びにくいので、そういったところで躓いてしまっているようでした。

勉強中の方が躓くポイントってとても貴重な情報ですよね。

尚、素晴らしいことに、Viscuitファシリテータを修了されているとのことでした。

うちのDojoは低学年が多いので、Viscuitをやってみたいなーと思って勉強を始めていたところでしたのでなんという偶然。

折角なので、どこかでViscuitワークショップをしていただきたいとお願いさせていただきました!

さて、集合写真は今回も撮りました。恒例にして行こうと思います。

坂本さんVersionも上げておきます(笑)

前回の盛況ぶりからは少し落ち着いたものの、皆もくもくとそれぞれのやりたいことに取り組むようなDojoになりました。

メンターとしての参加、坂本さん、水谷さん、ありがとうございました!

坂本さんもおっしゃってましたが、こういったプログラミングを教えられる人材はなかなか居ないので、毎度お手伝いいただき非常に助かっております。

人材不足の解消も、今後の課題ですね。

さて、今回は変則的に日曜日開催でしたが、次回はまた第二土曜日に戻ります。

 

次回の開催は2月8日です。

 

参加お待ちしております!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。