サイトへ戻る

第17回 活動レポート

Hour of codeを開催しました!

今回は長文です。Dojoに、イベント参加にと盛りだくさんの内容になっております!

CoderDojo活動レポート

ではまずは、イベントレポートから!

この週はコンピュータサイエンス教育週間ということで、Hour of code(マインクラフト)を開催しました!
CoderDojo白河初のイベント開催でしたが、予約も満席で久しぶりに沢山のNinjaが参加してくれました。
最初は私の方で作成した、Hour of codeって何?というものを簡単にまとめたスライドで、本日の導入説明。
途中マインクラフトを知ってるNinjaに挙手してもらいましたが、ほぼ全員知っており、人気の高さと集客力の高さ?が垣間見えました(笑)
Ninjaが飽きてしまわないよう短めに説明して、早速課題に!
1の課題は皆で足並みをそろえてやってみて、2からは自分のペースで進めていきます。

こちらは初参加のNinja。初参加ながら、PC持ち込みで気合十分!黙々と集中して課題に取り組んでいました。

常連の兄弟Ninja。 始まる前から自前のマインクラフトを開いていて、熱中具合が良くわかりました!

こちらもさすがのベテランNinja、マインクラフトの課題を一番乗りで終わらせて、次の課題にどんどん進んでいました!

こちらは前回も参加くださった兄弟Ninja。小学1年生の妹さんは、漢字に苦戦しながら、お父さんと協力して進めていました。
こちらの兄弟Ninjaは、学校でしかPCを使っていないと言っていながら、操作に慣れていて驚き!
本当に、子供は吸収が早いですよね。
最後に表彰!みんなよく頑張りました!
集合写真です。親御さんも誘いましたが、子供だけが良いとのことで、私と子供達という、何とも不思議な写真に(笑)
皆さん、カメラを構えてちょっとした撮影会になりました。
皆で頑張った証になりそうなので、この写真撮影も恒例にしましょうかね!次回は是非親御さんも一緒にどうぞ!
今回もNEXTしらかわの坂本さん、地域おこし協力隊の飯塚さんにご協力頂きました。
プリンタの件でドラブっている間、色々と助けていただきありがとうございました!
NEXTしらかわさんでは、毎月無料のプログラミングクラブが開催されています。
Dojo白河とは違った雰囲気で、もっと学ぶ場が欲しい!というNinjaは参加してみて下さい。
ここからは個人的な反省。Hour of codeを開催するDojoの参考になれば幸いです。
  • 初めてDojoに参加した子も数名居たが、比較的質問を受けることが少なかった。メンター不足のDojoにとっては良いワークショップ。
  • 認定証に関して、参加が事前に分かっている分はあらかじめ印刷しておいて正解だった。上質な紙だと印刷に時間がかかる上、長時間印刷音が教室に響き渡ることになり兼ねない。
  • 動画は字幕なので、低学年にはちょっと厳しいかな?という印象。殆どの子供がSkipしていた。Storyより操作したいワクワク感が勝ってしまいますよね。
  • Scratchに慣れているNinjaに向けては、少し高度な課題として、亀ルートを紹介しておくと良い。
  • 早いNinjaは2,30分で終わってしまうので、「主人公の旅」に進んでもらった。早く終わったら何をするというのも決めておくと良いかも。

イベント参加報告

先週、東京に出張した際に、CoderDojoの懇親会に参加しました。

マレーシアで子供にIT教育を推進する NPO法人のAimyさんという方が来日され、

CoderDojoをマレーシアで開催するに当たり、日本のDojoを参考にしたいという目的で懇親会が開催されました。
マレーシアではIT教育に多くの有名企業が後押ししてくれており、非常に活発な印象です。
日本でもこういった精神が根付いていくことを期待しています!
私も少しAimyさんとお話ししましたが、何故Dojoという活動に参加したのか?という問いに対して、
「最初は自分の子供に、いつかプログラミングを教えるために参加。いつしか子供達と関わっていくこと自体が楽しくなっていました」
と答えましたが、拙い英語で伝わったかな・・・という不安はあるものの、こういった真正面から活動について質問を受けたのは初めてなので、
何だか自分の活動意義を見つめ直す良い機会になったなと思います。
また、CoderDojo Japan代表の安川さんや、関東の他のDojoのチャンピオン、メンターと意見交換が出来ました。
活動内容は十人十色ながら、子供の将来を見据えているという点では一致しているので、何だか居心地が良かったです。
活動場所や、使っている教材など、参考になる情報を教えて頂けたりもしました。
この時に聞いた嬉しい情報として、福島市に新しい情報を立ち上げようという動きがあるようで、主宰はなんと中学生だそうです。
県内の他のDojoの方々と協力して、何か出来ることは手助けしていきたいと思います。
これをきっかけに、これまで以上に県内のDojoシーンが盛り上がっていくと良いですね!

この時の動画がUpされております。気になる方はご覧になってみて下さい。

あとがき

Dojoで保護者から、どのようなPCを買えばよいかだったり、ソフトを作りたいという目標があって、それに対してどのような学習プランが良いか等を相談されることがあります。

必修化に向けてなのか、プログラミング教育に前向きな親御さんが出てきていますね。
そもそも、Dojoにお越しいただいている方は、少なからずプログラミング教育に興味を持っている方ですよね。
我々としても、このような質問を受けることが少なくないので、自分なりに答えを準備しておいた方が良いかなと思ったところです。
他のDojoでは、HPによくある質問として記載しているケースもありますので、考えておきたいと思います。

次回予告

次回は来年の1月12日(日曜日)となります。

いつもと曜日が違いますので、お間違いのないようにご注意ください!

https://coderdojo-shirakawa.doorkeeper.jp/events/101594

 

今年一年、ありがとうございました。

急にチャンピオンの交代があり、色々と至らない点もあったかと思いますが、皆様のご支援のお陰で今年も無事終わることができました。

 

来年も、面白いことを考えていきたいと思いますので、楽しくプログラミングを学んじゃいましょう!やりたいことがあれば、お気軽に相談してくださいね!

 

それでは、良いお年を!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。